宗家投稿

剣道の効果・女子編

 北辰一刀流は、現代剣道の元祖です。その効果は、社会人成り立ての女子にも絶大にありました。以下、剣道女子M・Aさんの話です。 「私は、社会人になって間もないですが、剣道のやって良かったと思うことが色々あったので、そのことを書...
門弟投稿

毎日が新しい発見の連続(特別門人 舘内 浩二)

私は、令和5年6月に入門しました。特別門人というのは、住まいが遠方のため、年数回の対面稽古と、毎週ZOOMで指導を受ける門人です。長く剣道をやっておりましたが、北辰一刀流の修行を始めてから、毎日が、今までにない新しい発見の連続でとても楽し...
門弟投稿

2023年元旦1万本素振りに挑戦した(岡本 秀之)

■準備 ・1年前は1千本も未知の領域でできる気がしなかった ・直前の準備で未経験の本数3千本を3回(3日)振った ・1日目は疲れが残ったが、2日目3日目は平気だった ・経験があれば心も身体も慣れる ・1度できてしまえばたいしたことなく、い...
門弟投稿

北辰一刀流に入門して(総本部道場 渡邉 宗一郎)

一年の計が建てられた! 昨年、北辰一刀流に入門してから、一歩を踏み出す大切さを感じる機会が多くありました。それで、初めて、元旦に連続素振りに挑戦しました。 先輩方は10000本とか3000本とかですが、私は先輩の方に遠く及ばず...
門弟投稿

北辰一刀流に入門して(総本部道場 阿久津 完)

入門のきっかけ・・死との対面から 数年前、11月の肌寒い時期に登山中に、遭難をしかけたことがあります。 少し変な感想ですが、リアルな死に直面した時、恐怖心はあるのですが、どこか身体が楽になった気がしました。 生という目的...
門弟投稿

感じた【他とは違う本当の武道】(総本部道場 坂部 健吾)

1、他とは違うと感じた点 私は入門して、もうすぐ一年になります。 初めて道場に見学させて頂いた際に、宗家より北辰一刀流の歴史についてご教授を頂き、格式の高さに感心したのと同時に、稽古の雰囲気や、門弟の方々の人間性を見て、この道...
稽古いろいろ

禅と師匠

師匠の影響 小川忠太郎先生の座禅は、高僧も理解できないほど高度の座禅でした。しかし先生は、座禅の弟子をとりませんでした。そこで、私は小川先生に「座禅の指導者を紹介してください」と、お願いしました。すると小川先生は「今の世の中に、正し...
宗家投稿

新入門者に思う

10月30日 坂部健吾君が入門した。 11/5日の稽古が終わったとき、彼はこう言った。 「先生!明日、岡本さん一人で稽古に来ますよね。その時、僕も稽古に来ていいですか?」 稽古するのが、楽しくて仕方ないという気持ちが、満...
稽古いろいろ

据物斬り極意

天覧兜割りは、直心影流 第14世・榊原健吉のみが成功した。これに比べると、今の居合いは藁切りが精一杯。中山博道先生は、刀踊りと言っている。 そもそも、剣術の振りと、据物斬りの振りは違う。つまり、戦うための刀術と、切れ味を試す刀術の違...
稽古いろいろ

女性が女性のままで努力したとき(2)

前回の続きです  私たちは、不安な状態を「不幸」と呼び、安心な状態を「幸福」と呼んでいます。人は、そのままで努力することが自然であり、幸福なのですが、人と比べる癖=「我張(がんばり)」が湧くので、余計なもの=不安が出て来るのです。あ...
稽古いろいろ

女性が女性のままで努力したとき(2)

お友達の和空さんが言いました。 『女性が、女性のままで努力したとき、それを「精進」といい、その人に自信をもたらしてくれます。しかし、女性が女性であることを否定して、男性に負けまいと努力したとき、それを「我張(がんばる=我欲を張る)」...
follow us!!
タイトルとURLをコピーしました